何を自動化する仕組みなの?顧客管理との関連性は?


マーケティングのウェブやメール部分の自動化

工場などではオートメーション化つまりは自動化がどんどん進められています。元々人が行っていた仕事を機械化し、速く確実に物が作れるようになりました。工場のオート―メーションか以外にも企業ではいろいろな仕事を自動的に行おうとしています。マーケティングオートメーションはマーケティング部分を自動化する仕組みで、これまで人が行っていた部分を見直してコンピュータに一部を行わせます。主にウェブやメールを使う部分を自動化し、ステップメールなどはよく知られています。これまではメールの送り先の選定や送るタイミングを人が決めていましたが、仕組みを利用すると選定も送るタイミングも自動的に決めてくれます。人は出てきた情報を活用するだけです。

ばらばらの情報を統一して活用する

顧客情報はそれぞれの会社で管理方法が異なります。かつては各営業マンが顧客カードを作り、個々に管理する方法を取っていました。引継ぎなどもカードをやり取りで行えましたが、コンピュータでの管理ではないので重複などがあったようです。その後パソコンなどで管理されるようになっても重複データの解消をしないまま情報を使うところもありました。マーケティングオートメーションでは顧客情報の活用が重要になります。いろいろなアクションを起こす元が顧客情報なので、まずは会社内の顧客情報の一括管理を行います。さらに何らかのアクションをしたときの結果なども記録していきます。顧客管理が自動化されるようになり、企業内で顧客情報が有効活用できるようになります。

マーケティングオートメーションは、2014年ころ日本に普及したマーケティングツールで、お店や企業が獲得した見込み客を一元管理することができるソフトウエアで、販売の拡大や顧客の取り込みに有効です。